maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

【子宮頸部異形成】コルポ診やるが取るほどではない!?

前回のコルポ診、2018年5月の検査では変わらず陽性反応で、コルポ診でも【子宮頸部軽度異形成】と診断結果が出ました。

 

 

自然治癒を目指して一年。

 

免疫を上げようと、身体を冷やさないようにしようと一年過ごしたのですが、結果は変わらずでした。

 

正直、残念でしたが、まだ一年。数年かけてできた子宮頸部異形成。数年かけて治そう。とめげずに自然治癒を再度目指しました。

 

 

 


変わらず、身体を冷やさないようにこちらを実践し続けてました。

 

www.maimaist.work

 

 


・飲み物はホットか常温。冷たいものは飲まない。
 
・夏でもお風呂につかる。
 
・下半身を冷やさないよう腹巻か毛糸のパンツ。
 
・体温を上げるため筋肉をつける。筋トレ。
 
・患部を温める。ヨモギ蒸し。
 
・基本的にご飯。
 
・身体を温める根野菜を食べる。

 

 


それから半年後の定期検査です。


2017年5月に初めて【子宮頸部軽度異形成】と診断されてから一年半後の2018年12月、4回目の検査になります。

 

 

いつものようにスクリーニング検査をし、それからいよいよ痛いコルポ診です。

詳しい検査の流れはこちらに書いてます。

 

www.maimaist.work

 


コルポ診の機械を挿入しセットします。


このコルポを入れる時が私は一番痛いです。

 

 

「イタイ、イタイ、イタイ、イタイ、涙」

 


先生「はい、じゃあ酢酸かけていきますねー」
「少し時間おきます」

 

 

1.2分して先生が戻ってきて酢酸をかけた子宮頸部を目視して確認していきます。

 

 

先生「うーん。。」
「取るほどじゃないかなぁ。。。」

 

「それでは終わります」

 

 

 

 

あれ?いつもパチンと怪しい箇所取るのに?取らなかった??
タンポンも入れてないよね??
あれ??
何で??

 

ハテナでいっぱいで先生のいる診察室に戻りました。

 

 

 

先生「maimaiさん、コルポで診たのですが、ちょっと怪しいかなーって箇所はあるにはあったのですが、取るほどでもなかったので、今回取りませんでした。
ただ、スクリーニングの方は陽性反応出ると思う。」

 


私「分かりました。そしたらタンポンは入ってないのですか?」

 


先生「はい。」

 


私「治ってきてるということですか?」

 


先生「うーん。
陽性出てしまうと思うし、まだウィルスはあるからねー。
また半年後の検査だねー。」

 

 

 

 

良くなってるわけではないのかなぁ。
いや、でも、取るほどではないまでにはなったんだ!!
前向きに考えよう!

 

先生に良くなってるとは言われませんでしたが、自分では勝手に少しは良くなったと思い嬉しかったです。

 

 


ちょうどこの頃、2018年の12月。
モラハラ夫から、もう逃げようと決意しアパート探しをしているところでした。
アパートが決まりしだい、子どもと家を出ようと決めていました。
そういった心境もあり、異形成が良い方向にいったのかと思います。


それまでは、家を出たい。
でも、でも、でも、でも、でも、でも、、、、、、


と悩んでいた時期から、悩むのをやめ、決意し実際に動いてた時期。
悩みと一緒に異形成もなくなっていったのかもしれませんね。

 

 

 

ちなみですが、この頃、モラハラ夫に子宮頸部異形成の定期検査で病院に行く。とは言ってましたが、結果はどうだった?等何も聞かれてません。
こちらからも言わないし。

 

夫婦としてもう成り立ってませんでしたね。
妻の病気を全く気にしない夫。
気にしてないのか、認めてないのか、受け入れられないのか、、

彼は何を考えていたのか分かりません。

何も考えてなかったのかもしれません。

 

 


それから数週間後、アパートも決まり子どもと2人、自宅マンションを出ていきました。

 

現在、子どもと2人幸せな毎日をおくっております。
シングルマザーなので、仕事に家事に育児と毎日ドタバタですが、それでもモラハラ夫の支配下から逃れ、子どもと心から笑って過ごせて幸せいっぱいです^ - ^

 


このブログが、モラハラ夫や病気等の悩みを抱えている方の、何か少しでもお役に立てればと思います。

 

 

 


次回は検査結果を書いていきます。

 

 

 

 

ランキング参加してます!

よかったらワンクリックお願いします。

とても励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村