maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

【子宮頸部異形成】2回目のコルポ診の検査結果は?

前回の【子宮頸部異形成】スクリーニング検査とコルポ診の結果です。

 


初めて【軽度 子宮頸部異形成】と診断されてから半年後の経過観察の検査ですね。
2回目のコルポ診になりました。

 



痛みのともなうコルポ診。。
ツライ検査です。。

 

が、大事な検査です!

 


ほっておくとガンになってしまうかもしれない、子宮頸部異形成。
ガンになる前に手術等で治せるので、異形成が進行していないかの検査です。

 

 

私は軽度の異形成なので、こちらの病院では半年に一度のコルポ診検査です。

 

 

子宮頸部異形成
軽度→中度→高度→ガン

 

 

ガンになる前に自然治癒してしまうこともあるそうなのですが、進んでいくとガンになってしまう可能性のある病変です。

 

 


ここの病院は、この異形成が進んで中度になると、3ヶ月に一度のコルポ診になり、手術も検討するそうです。
高度ですと手術だそうです。

 


幸いに私は軽度の時点で発見できたので、半年に一度の検査になります。

自然治癒することもあると聞いて免疫を上げるために、身体を冷やさないようにしました。

 

 


前にも書いたのですが、具体的にはこちらを実践していました。

 

www.maimaist.work

 

 

・飲み物はホットか常温。冷たいものは飲まない。

 

・夏でもお風呂につかる。

 

・下半身を冷やさないよう腹巻か毛糸のパンツ。

 

・体温を上げるため筋肉をつける。筋トレ。

 

・患部を温める。ヨモギ蒸し。

 

・基本的にご飯。

 

・身体を温める根野菜を食べる。

 

 

上記を実践し、半年が経ちスクリーニングとコルポ診を受けました。

 

 

 

 

結果は、前回と変わりませんでした(*_*)


スクリーニングでも陽性が出て、コルポ診でも軽度異形成と診断されました。

 

 

まぁ、まだ半年です。
いくら自然治癒があるとはいえ、さすがに半年で治るとは思ってませんでしたので、めげずに免疫アップを目指して身体を冷やさないようにしていきます。

 

 


前回、ヒトパピローマウィルスを調べる検査で、私の場合、比較的おとなしいローリスクタイプと知ったので、より前向きに自然治癒を目指していました。

 

 


そして、先生に聞いてみました。

 

私「ローリスクでもいつか手術した方が良いのですか?」

 


先生「これが、今は軽度だけど中度に進んで、軽度と中度いったりきたりが何年も続くことがあるんだよねぇ。
まぁ、まだmaimaiさん35で出産する事もあるかもしれないから、ローリスクだしひとまずは経過観察だねぇ。」

 

 

とのことでした。


なるほど、ローリスクだからといって手術は必要ないというわけではなさそうだなぁ。
やっぱりなんとか自然治癒させたいなぁ。
と思いました。

 

 


次の検査はまた半年後です。
それまで、免疫アップ 身体を冷やさないようにしていこうと再決意しました。

 

 

 

 


ちなみに家ではモラハラ夫に、子宮頸部異形成と伝えても

 

 

「証拠は?なんか証拠の紙とかないの?」
「なんで、それなら手術しないの?悪いものがあるなら手術した方がいいだろう。その病気の証拠は?」

 

 

家族間で診断書を提出しろと言ってるのでしょうか。
辛かったですね。。

 

 

 

 

(2019.8月現在。

スクリーニング陰性。コルポ診も問題なしです。

それまでの経緯を綴っています。)

 

 


次回はまた半年後の検査について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ランキング参加してます!

よかったらワンクリックお願いします。

とても励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


子宮頸がんランキング