maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

モラハラ夫 2018年まとめ 子どもの悲しい表情は今でも忘れません

 

モラハラ夫の2018年のまとめです。

2018年の年末、保育園も仕事も決まってないままアパートを借り、子どもと逃げるように家を出ました。

 

2018年も辛かったです。。

こちらにも書きましたが

www.maimaist.work

2017年の年末に、夫に私は

「何もしない!仕事もしてないで遊んでるだけ!寝てるだけ!俺は全部やっている!!」

「キチガイ!頭おかしい!キモチワルイ!病気も証拠がない!」

「子ども任せられない!!」

と罵られ全てが終わったと思います。

夫に対する愛情がゼロになり、夫が恐怖 ストレスのみの存在となりました。

この日以来、夫の目を見ることが出来なくなりました。

そして、離婚を決意し、もう二度と罵られたくないと強く思いました。

その為、夜勤で日中家に居る事が多かった夫に、今までは家事を手伝ってもらったりしていましたが、この日を境に手伝ってもらう事をほぼやめ、自分で全てやるようにしました。

二度と罵られたくなかったのです。

 

すると、、最悪の事が起こり始めました。

私が家事に育児に、ほぼ行うようになったので、夫は私に文句等が言えなくなったのでしょう。モラハラ、イライラの矛先が徐々に子どもにいくようになってしまいました。

子どもに対して強く叱りつける事が増えました。

私が「そんなに強く叱りつけないで!」と何度言っても「大袈裟だ!しつけだ!悪いことしたら叱らないと!!」と聞く耳をもちませんでした。

そして、子どもも夫を嫌がるようになってきました。夫の休みの土日、夫が起きているときは、子どもと散歩や公園に行って、私はその間に家事等をしていたのですが、子どもが夫と散歩を嫌がるようになってきました。

そうすると夫は余計に怒りました。

 

日記にも書きました、9月の後半。

www.maimaist.work

2日連続で些細な事で強く子どもを叱りつけました。

私がその後、子どもを慰めると、、

子どもはとても悲しい表情をしました。

この表情は今でも忘れませんし、忘れてはいけない事です。

子どもに対して強く叱りつける事、やめてと何度も言ってもやめない夫。

すぐに通っていた女性相談と、新たに福祉センターの方にも相談に行きました。

福祉センターの方はまた別カテで詳しく書いていきたいと思いますが「離婚を考えているのであれば、保育園入ってから等とは言わず、早く家を出た方が良い。」と言われました。この時は、もちろんそうしたいけど、保育園が決まってないのに家を出て、預け先が何ヶ月も決まらなければ、仕事も出来ずすぐに貯金が底ついてしまう。という心配がおおきくあり、すぐには家は出れない。と思っていましたが、2ヶ月後まさか家を出ることになるとは、、、

 

このころ初めて法テラスにも行きました。

 

 

長くなってしまったので続きは次回にします。

 

 

 

離婚ブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。


離婚ランキング

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村