maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

モラハラ夫日記5までのまとめ2 女性電話相談 

 多くのご主人様より、夫は家に居る時間が多いので、家事や育児の時間が長く、人が変わったかのように毎日不機嫌な夫を見て、訳がわからず、当初夫は育児ノイローゼになってしまったのでは?と思いました。

もしも育児ノイローゼや何か心の病だったら治してあげないと!と思い、夫に育児ノイローゼでは?と言ってもキレられるだけなので、どこに相談すれば良いかも分からず県の女性相談に電話をしました。


ここで初めて夫とのことを人に話しました。

今まで、自分が夫に家事を手伝ってもらってるから自分も悪いんだ。たいしたことではない。と友人にも相談していませんでした。

子どもが寝ているあいだに電話をし、今までのことを話すと自然と涙が出てきました。そして止まりませんでした。

 

そしてここで初めて言われました。

「ご主人は育児ノイローゼではないですよ。」私が「モラハラということですか?」と聞くと「そうとる相談員はおります。この電話相談では単発でしか相談を受けれないので、あなたの場合継続的に記録を残して相談していく方が良いので、お住まいの地区の女性相談窓口を紹介するので一度そちらに行って下さい。そこで相談していると記録等を残してくれるので、今後何かあった時に役に立つこともありますので。」と。

とても親身になってくれました。

 

そして今後、女性相談窓口に通うことになるのですが、この記録というのが本当に役に立ちました。

もしモラハラ夫に悩んでいる方いらっしゃったら、お住まいの都道府県市町村地区の女性電話相談、女性相談所ご活用ください!!

記録がのちのち役に立つというのもそうなのですが、人に聞いてもらうことで客観的な意見やアドバイスが聞け、冷静になり考えも変わりました。

私は家庭内という閉ざされた場所での、夫によるモラハラで少し洗脳されていたのだと今になっては思います。

女性相談に電話するまでは、夫が病なら治してあげないと!私だって悪い。そんなにたいしたことではない。私が気にしすぎてるだけ。もっとひどいご主人は世の中にたくさんいる。夫はそこまでではないから人に相談することではない。。

と思ってましたし、まだ夫への愛情もあったのだと思います。

でも、ここから大きく考えは変わり、行動も変化していきました。

 

モラ夫日記6へ

 

 

 

 

離婚ブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。

励みになりますので、よかったらワンクリックお願いします!

 


離婚ランキング

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村