maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

面会交流を終えて。離婚したモラハラ夫は私と「良好な関係を築いていきたい」らしいが、、

前回、7ヶ月ぶりに元夫のモラハラ夫、父親と面会交流した息子。

 

そのあと39℃を超える高熱を出しました。

 

幸い熱はすぐに下がったのですが、知恵熱でしょうか。
3歳の息子にむりさせてしまったのだと思います。

 

 


保育園、私は仕事をお休みし、熱が下がってからは、元気いっぱいの普段通りでしたので安心しました。


念のため次の日も、保育園と仕事をお休みし、自宅保育で子どもとゆっくり過ごしました。

 


私もパパとのことはあえて聞かず、子どもも特に何も言わなかったと思います。

 

 

 

 


もともと元夫、モラハラ夫と一緒に住んでいる時から息子はママっ子でした。


モラハラ夫も、最後は子どもに強く叱ったりし、子どもも父親を拒否するようになってました。それで自宅マンションを出たのですが、、

 

ただ当時2歳の息子。その嫌だった記憶はあまりないかと思います。


楽しかった思い出もたくさんあると思います。パパのことは好きだと思います。
また、私としてもそうあって欲しいです。
嫌な思い出は消えて、パパと楽しかった思い出だけ残っていて欲しいものです。

 

そして面会交流で、自分を愛してくれる父親がいるんだ。と認識して欲しく面会交流には賛成でした。

 

 


が、、

 


ムリしてたのですね。。

ムリさせてしまっていたのですね。。


子どもも複雑だったんだろうなぁ。
まだ3歳。
現状を全て把握はできてなくても、感じてはいるのですね。

 

 

私は、子どものために元夫、モラハラ夫の悪口は子どもには言わないように気をつけていました。


それでも子どもは何か感じるのですね。
それでも子どもは何も聞かず母親を愛し。
泣けてきます。
子どもの心はとても綺麗ですね。

 

 


面会交流は思っていたより子どもに負担をかけてしまっていました。

 

 

 


その後、弁護士さんに面会交流の報告をしました。


元夫、モラハラ夫とも弁護士さんは話したようで、、

 

モラハラ夫は、

 

「面会交流時に泣いてしまったのは申し訳ない。弁護士さんに、あまり生活の詮索しないでと言わたが、今後はmaimaiとも普通に話せるようになりたい。いつか子どもの運動会にmaimaiと一緒に行けたり出来る関係になりたい。」

 

 

 

と、言っていたようです。。

 

 

そして、弁護士さんが面会交流後、子どもが熱を出してしまったことを伝えるとショックがっていたとのことでした。

 

 

 

元夫、モラハラ夫は、私と良好な関係を築いていきたいと言っているようですが、、

正直それはムリです。

 

 

私はできることなら二度と会いたくないし、電話でも話をしたくない。

可能だったらメールもしたくないほどです。

が、今後は弁護士さんの介入もなくなってくると、そうもいかないので、メールくらいはできるようにならないといけません。

 

 

調停で離婚が成立したのですが、養育費に財産分与、他にもお金の事で最後もめました。

 

最終的には、こちらは早く離婚したかったので、向こうの要望の金額を聞く形で終えました。

 

そして最後まで子どもに対しての謝罪はいっさいありませんでした。もちろん私にもです。

 

 

 

そんな元夫のモラハラ夫と、今後良好な関係は今は築いていける気がしません。

 

ただ子どもの父親であることは事実です。

面会交流は子どものために行っていきますが、今後もヘルパーさんありきでと考えております。

 

 

 

 

そして、この後もお金のことで少しもめることになりました。。

 

 

長くなりましたので次回に続きます。

 

 

 

 

離婚、モラハラブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。

よかったらワンクリックお願いします、励みになります!

 


離婚ランキング

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村