maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

モラハラとは家庭内虐め、弱いものいじめだと思います。

前回、調停にて陳述書の提出を命じられました。

実際に弁護士さんが作成してくれた陳述書です。

 

www.maimaist.work

 


こちらを1ヶ月先の次回の調停までに、裁判所とモラハラ夫に提出との事です。

裁判所に提出は分かるのですが、モラハラ夫にまで調停前に提出するものなのですね。


そして、提出が済み、2019年5月第二回めの離婚調停となりました。

婚姻費用の調停は、第一回目の調停でモラハラ夫に10万円から8万円に値下げさせられ終結しているので、あとは離婚調停のみになります。

 

 

弁護士さんに、

 

「モラハラ夫は離婚したくないと言っているから、調停長引くかも。このまま離婚しないと言い続けたら調停不成立で裁判までなるかもしれない。」

 

と言われていました。

 


もしも相手が離婚に同意しないと、裁判までなるのですね。
離婚て大変ですね。

 

 

そして、裁判でも離婚が認められない場合もあるそうです。

私の場合、モラハラにもそうですが、子どもに対して強い叱りつけがあったので、調停や例え裁判になっても、子どもを守るためために離婚は認められる思っでいたのですが、、

 

モラハラとは、身体的暴力ではないので、暴力で怪我をさせられる等ではないので、立証が難しいそうです。

 

モラハラ。精神的暴力。
確かに聞く人によっては、そんなのたいしたことない。と思う人もいるかもしれません。


しかし、当人にとっては家庭という閉鎖された世界で、そして専業主婦にはその閉鎖はれた世界が全てで、その中で行われる弱い者虐め。

暴力は振るわれませんが、暴言を吐かれ、人格を否定され、威圧的で不機嫌な態度にため息。目も合わしてくれることなく、無視をされ、中指を建てられ、、、
そして、もっと弱い子どもに対しては自分の機嫌で強く叱りつける。

 


私はモラハラとは家庭内の虐めだと思います。


モラハラ夫は絶対に怒るので最後まで本人に聞けませんでしたが、彼は幼少期小学校で、もしかしたら、いじめにあっていたのかな?と思いました。

 

モラハラ夫から高校に大学の話しは聞いたことあるのですが、ほとんど小学校に中学校の話は聞いたことありませんでした。友達も小中の同級生は聞いたことありません。

 

なので、もしかしたら、いじめにあっていたのかな?それで今自分がミイラ取りがミイラになるじゃないけど、虐めるひとになってしまったのかな?
と考えたこともありました。

 

このことは最後まで聞けず、これからも別にモラハラ夫に聞くつもりはありませんが、
例え聞いたところで、怒るだろうし否定するはずですし、真実はもう分からないので。

 

ただ当時それくらい悩みました。
なぜこのひとはこんなに私たちを虐げるのだろう。まるでいじめだ。と。

 

よくモラハラ夫は、そういった家庭環境で育った場合も多いと言われますが、モラハラ夫の父親もモラハラ夫で妻や子どもに強くあたったりする人だったと。

 

しかし、彼の両親ですが、決してそんな人には見えませんでした。
彼にもそれは聞いたことありますが、父親や母親が厳しかった等はなかったそうです。


私からみても彼の母親は子ども甘やかしていたタイプです。大人になった今も甘やかしてますが。
父親はそんなに家庭にはノータッチだったように思えます。

 

またこのことは別で書ければと思いますが、彼は家庭はモラハラやdv環境ではなかったと思います。

 

そうすると、、
小学校等でいじめにあっていたのかなー、と考えてしまいました。

 

 

 


話しが少しそれてしまいましたね。

 

モラハラ、精神的暴力は立証しずらいと言われています。

現在モラハラ夫に悩む方。モラハラ証拠集めておいて下さい!

 

モラハラ日記、モラハラメール。
モラハラ言動のボイスメモ。

 


こういったものも証拠になるそうです。

http://www.hata-lawyer.jp/blog/2017/12/post-154-545816.html

 

 


私もモラハラ日記やボイスメモ他、証拠を用意してから調停スタートしました。

www.maimaist.work

 

証拠品を提出した弁護士さんはモラハラ日記を見て、これだけあれば立派な状況証拠になる。と言われてました。

 

しかし、それでも調停で離婚不成立になると裁判になります。

直ぐに裁判に移行してもよいのですが、別居期間も数年もうけていた方が離婚成立しやすいそうです。
別居期間が数年あると夫婦関係の破綻とみなされ離婚がしやすいようです。


私の場合、モラハラがあり証拠品もあるので、2.3年別居していれば裁判で離婚を認められると思う。
そのようなアドバイスも弁護士さんからもらいました。


しかし、できるなら調停で離婚成立したいものです。
調停ですらこんなに精神的に辛いのに、、

 

弁護士さんは気遣いをとてもしてくれる女性でしたので、とても支えてもらいました。

 


次回の調停は、私は欠席し弁護士さんに全てお願いする予定でおります。

 

 

 

 

 

このブログがモラハラ夫に苦しむ方や、モラハラ夫と離婚を考えている方の少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

 

 

私が離婚について勉強した本です。

各種相談窓口、法テラス、法的なこと、離婚前にやっておいた方がよいこと、離婚後の各種手続き等分かりやすく載っています。

離婚をお考えの方、一読されると良いかと思います。

 

アマゾンの方

 

 

楽天の方


 

 

 

 

離婚、モラハラブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。

よかったらワンクリックお願いします、励みになります!

 


離婚ランキング

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村