maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

モラハラ夫と離婚調停に向け法テラスの審査待ち。長かった。。

 

 家を出た晩、何度も着信がありましたが、弁護士さんにも出ないようにと言われていたので一度も出ませんでした。

20回以上着信があったのですが、もっと朝まで鳴りやまないのでは?と思ってたので意外でした。そして私も疲れていたのでこの日はぐっすりと就寝しました。

次の日、一つ下の方の弟から連絡があり、どうやら昨晩弟に電話がいってたようです。

夫は泣いていたようです。。

弟は隠しきれず、家を出る相談をうけていた。私と子どもはアパートを借りて安全な場所に居る、弁護士から連絡がいくようだ。と夫に伝えたとのことです。

夫も私の荷物等が全てなくなってるので、どこかアパート借りたんだとすぐに分かったそうです。

が、夫は弟に「お金(貯金)全部持ってちゃった」と言っていたようで、、、

夫は貯金額を、そんなにないのに多く思いすぎているのでは?なんかもめそうだな。と直感しました。そしてその通りもめることになったのはまだまだ先のことです。。。

 

ここから直ぐに先に調停に進めなかったのは、法テラスの利用可能か審査でした。

12月にアパートが決まり、すぐに前回の弁護士さんに依頼をしようと連絡したのですが、法テラスを通じてなので、まずは法テラスに申し込み後 法テラスの審査との事でした。審査まで1ヶ月くらいかかるようで、時期は12月。年末年始を挟むのでもっとかかってしまうとの事でした。しかしその審査を待つしかありません。

審査が通りようやく弁護士さんが動けるようになったのは、予測通りの1月の中旬でした。これが長かったです。

それまで弁護士さんは動けないので、夫から毎日のように着信やメールが来ましたが、弁護士さんに間に入ってもらうこともできず、ただ無視するのも辛く、、

あまりにも無視して居場所を探しに来たら怖いという不安もあり、二回ほどメールを返しました。

夫からは毎日留守電に泣きながら「元気ですか?子どもも元気ですか?話がしたいです。」といった内容のメッセージ。メールも同じような内容です。

家を出て夫は怒ってるだろうなと思ってたので、泣いて反省しているといった感じで少し意外でした。

全く無視するのも気が引けてしまい

「連絡できず申し訳ございません。子どもは元気にしてますので安心してください。1月中旬以降に、代理人から連絡がいきますのでどうか待って下さい。風邪等にはお気を付け下さい。」

とメールをしました。

時は年末年始。夫も仕事が休みで気を紛らわす事ができず、出て行った時期が悪かったと思います。

その後も毎日着信にメールがありました。

徐々に「体調が悪い」「食事が喉を通らない」「心が折れそう」といった内容になってきました。かまってちゃんなのもあるかと思いますが、、何か悪いことがあっては、、と思いもう一度返信をしました。内容はほぼ同じだったと思います。

その後も着信やメールはありましたがお正月が終わり仕事が始まってからは減りました。

この年末年始が一番きつかったです。

 

お正月休みが終わってからは、私も引っ越し先での保活で忙しくなったので夫の事を考える暇、振り返る暇もなくなってきたので良かったです。

それまではとても複雑な心情でした。

何も言わす出て行った罪悪感もありました。どうして上手くいかなかったのだろうと自分を責めたり悲しくなったり。

が、、開放感が大きかったです。今まで夫が家に居ると沈んでた心。怒りださないか、文句いわれないか、イライラしださないか、嫌な顔されないか、ローモードでないか、子どもにあたらないか、、、

解放されました。

何よりも明確だったのは2歳の子どもの夜泣きが、出て行った晩からピタリとなくなりました。

それまでは毎日夜泣きをしていてのですが、全く夜泣きをしなくなりました。

そして毎日「ここ僕のおうち?」と嬉しそうに聞いてきます。「パパ」と一言も言いません。この子もほっとしたのかな。

こっちに越してきてからは、子どもに寂しい思いをさせたくなかったので、年末年始毎日のように母か叔母伯父に会いました。

「これからは、大好きなばぁばやおばさん、おじさんにいつでもあえるからね」と言うと嬉しそうにしていました。

これからパパと離れて暮らすこと。この子の心をなるべく傷つけないよう、私はしかっりしないとと決意しました。

 

 

 

 

離婚ブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。


離婚ランキング


  

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村