maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

モラハラ夫と調停にて離婚が成立して。

調停にて離婚が成立して。

 

私の場合、2018年3月に調停がスタートして3回目の調停6月に離婚が成立しました。

 

とても早かったと思います。

 

 

当初、モラハラ夫は離婚を拒否していたので、弁護士さんは長引くかも。下手したら裁判までなってしまうかも。
と言っていたのですが、、

 

 

モラハラ夫、モラハラ行為の陳述書を提出した途端に、離婚を承諾しました。


これが2回目の調停です。

 

 


以前も書きましたが、モラハラ夫、家庭内での私や子どもに対するモラハラ行為を世間に暴かれたくなかったのだと思います。

 

そして認めたくなかった。

 

離婚を承諾することにより、問題になっているモラハラ行為から逃げた、目を背けた、周りにも背けさせたのだと思います。

 

 


もちろん、陳述書を読み、もう復縁はムリだと悟り離婚を承諾したのもあるかと思いますが、それよりモラハラ行為から逃げた方が大きいかと思います。

 

彼はくせ者です。

 

モラハラ、、そこに反省のひとつでもあったのでしょうか。

 

謝罪も最後までなかったので、もう真意は分かりません。

 

 

 

私が調停での心残りは、子どもに対しての行為の謝罪を要求したかったです。

 

私に対しては、同じ大人同士です。
私も悪かったところ、至らなかったところ、多々あるかと思います。
喧嘩両成敗ではないですが、私に対してはいいです。

 

ただ、子どもに対しては。

 

子どもは何も、何ひとつ悪くないです。
まだ当時2歳です。
2歳の子どもに対しての、しつけと称した強すぎる怒り方。 


これは許せません。


これを認め謝罪をしてほしかった。


同じように辛い思いをする子どもを減らすためにも。

 

 

モラハラ夫。彼はまだ30代。


こらから再婚して子どもを授かること、あるかもしれません。


その時に同じ過ちを繰り返してほしくないです。


辛い思いをする子どもを、もうつくってはいけません。


そのために、まずは過ちを認めて謝罪をしてほしかった。


それが彼の抑止に繋がるかと思いますので。

このことが今でも心残りです。

 

 

 

 

そして、離婚を承諾し、子どもの親権は問題なく承諾し、最後は財産分与です。

 

夫婦の預貯金はマンションを購入してまもなかったので、この時100万円もありません。
それでも揉めることになるのですね。


本当に最後はお金なんだと実感しました。

 

 

 


私は自宅マンションを出た時に、使用していた家電製品や家具全て置いて出ました。


モラハラ夫が困ると思ったので。

 

洗濯機やオーブンレンジ、ダイニングテーブル他。


私が独身時代から使っていた私のものでした。

 

が、全て置いて出ました。

 

 

 

そして、マンションも車も要らない。


なので夫婦の預貯金の財産分与は辞退してほしい。と弁護士さんが主張してくれました。

 

 


しかしモラハラ夫はこれを拒否をしました。。

 

 

 

 

 

長くなりましたので次回に続きます。

 

 

このブログがモラハラ夫に苦しむ方や、モラハラ夫と離婚を考えている方の少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

 

 

私が離婚について勉強した本です。

各種相談窓口、法テラス、法的なこと、離婚前にやっておいた方がよいこと、離婚後の各種手続き等分かりやすく載っています。

離婚をお考えの方、一読されると良いかと思います。

 

アマゾンの方

 

 

楽天の方


 

 

 

 

離婚、モラハラブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。

よかったらワンクリックお願いします、励みになります!

 


離婚ランキング

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村