maimaistのモラハラ夫から子連れ離婚

モラハラ夫から二歳の子連れ離婚、調停。シングルマザーへの道。

モラハラ夫、面会交流のお休みの同意書へサインは拒否

前回、モラハラ夫に面会交流のお休みを弁護士さんを通じてお願いしました。


その時の手紙です。

 

 


二度の面会交流後、子どもは高熱を出し、その後も夜泣きが続き、「パパと会いたくない。」と泣いて精神的に不安定な状態が続きました。


また、発熱を繰り返していたため、保育園の先生からも心配され、何か精神的な原因があるのではないかと指摘もされております。


maimaiも父親との面会交流の必要性については充分に理解し、子どもを説得するなどしてきましたが、子どもの精神状態は安定しませんでした。


maimaiによれば、子どもは決してパパのことが嫌いという理由ではなく、非日常的なことをすることに対する緊張や不安、母親と離れさせられるのではないかという恐怖心等複雑な事情が重なって、上記のような精神状態になっているように思われるとのことでした。


そこで、この数週間は、あえてパパのお話はしないようにしていたところ、子どもの体調は落ち着き、夜泣きもなくなり、先日ようやく子どもから面会交流の話が出てきたとのことですが、すぐに来月からとはいかず、「クリスマスにはパパと会う」という話をするようになったとのことでした。


このような状況から、子どもの精神的な負担を考え、少しずつ段階を踏んで来月、再来月は「パパにお手紙書いてみようか。」「お写真を送ってみようか。」という形でクリスマス前後にパパと直接面会が実施できるように子どもの気持ちをもっていきたいとのご意向です。


そこで、まず来月、再来月につきましては、お写真と絵又はお手紙をお送りするという形で面会交流に代えさせていただけないでしょうか。


その上で、12月、直接的な面会交流を実現させていただきたいとのご意向です。
 
12月の面会交流後の子どもの精神状態や体調等により、その後の面会交流の実施方法については改めてご相談させていただきたいと考えております。


これまでのように月1回の頻度で高熱を出すなどした場合、maimaiとしてもお仕事をお休みせざるを得ず、経済的な負担も極めて大きいため、場合によっては隔月の実施等もご検討いただく必要があるかもしれません。


maimaiとしましても、子どもにお会いしたいお気持ちが強いことは重々承知しておりますが、まだ幼い子どものご負担を第一に考えご理解いただけますと幸いです。
 

 

 

 

 


この時、弁護士さんは、この手紙と一緒に同意書も同封し、元夫にサインをお願いしました。

 

手紙を送り一週間くらいたってもモラハラ夫から連絡がないようで、弁護士さんから電話をすると、電話が繋がり、手紙の面会交流のお休み等は了承をしたそうなのですが、同意書へのサインは拒否をしたようです。

 

 

 

やっぱりモラハラ夫くせ者だと思います。


口頭では同意するが、サインはしたくない。


おそらく、こちらの意見に全て従うというのが嫌なのでしょう。
もしかしたら、子どもが会いたくないと言ってるのが、信じてないのかもしれません。私が言わせている等思っているのかもしれません。

 


そしてサインをしない。。


自分が優位にいたいというか、プライドが高いというか、偏屈というか、気難しいというか、、


弁護士さんはモラハラ夫のことは神経質な方と言っています。


まぁ、くせ者に変わりないですよね。

 

 

あなたのための面会交流ではなく子どものための面会交流です。


自分のプライド等はおいて子どものこと一番に考え行動をお願いしたいです。

 

 


ひとまず、12月まで面会交流のお休みを口頭ですが、了承してくれたので、子どもと2人ゆったり過ごしたいと思います。


子どもは、前回パパと会うのお休みするとなってからは、熱も出さず夜泣きもしなくなり元気いっぱいです^ - ^

 

 

 


そして、もうひとつ別の動きがありました、、

そちらは長くなりましたので次回に続きます。

 

 

 

 

 

離婚、モラハラブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。

よかったらワンクリックお願いします、励みになります!

 


離婚ランキング

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村